フリーローンの審査を受ける為のコンテンツ検索

即日融資重視でフリーローンを選ぶ
無利息サービスでフリーローンを選ぶ
とにかく低金利なフリーローンを選ぶ
専業主婦申込可能なフリーローンを選ぶ

即日融資重視でフリーローンを選ぶ

フリーローンの審査スピードが早いのはやはり大手消費者金融です。これには理由があり、

 

 

銀行フリーローンの保証会社も大手消費者金融が担っているので審査が一番早くしっかり審査してもらえるのです。


また融資方法も大手消費者金融は二つの方法があり、

  • 振込融資
  • 自動契約機でのカード発行

とほとんどの銀行が持たない自動契約機でのカード発行が可能なのは即日融資の可能性に大きく影響してきます。振込融資に関しても申込当日は、

  • 大手消費者金融・・・平日14:00までにWEB契約完了で可能(審査結果によります)
  • 銀行フリーローン・・・平日10時前後までに申込んで正午までにWEB契約・振込依頼しなければいけないところがほとんど

と、圧倒的に大手消費者金融が有利になっています。また大手消費者金融のフリーローンの振込融資には24時間365日対応の振込融資がありますので即日振込みを受ける際にはこのサービスも有利になってきます。

  • プロミス・・・三井住友銀行・ジャパンネット銀行のいずれかの口座なら登録する事で24時間365日最短10秒で振込可能な瞬フリサービスがある。
  • アコム・・・楽天銀行の口座なら24時間365日(メンテナンス時間以外)で振込可能なサービスがある。
即日融資重視のフリーローン
厳選フリーローン 実質年率 借入可能額 サービス 詳細 申込
プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細 申込
プロミスレディース 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細 申込
アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 最大30日金利ゼロサービス 詳細 申込
モビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 WEB完結 詳細 申込

※スマホでご覧の際は表をスライドして見ることが出来ます。

無利息サービスでフリーローンを選ぶ

無利息サービスは銀行フリーローンにはない大手消費者金融の専売特許です。無利息サービスのある大手消費者金融ならこの二つのフリーローンです。

  • プロミスの初回30日無利息サービス
  •  

    初めての借入の翌日から30日無利息なので申込・契約から日にちが経っても30日の無利息期間を確保できる


  • アコム
  • 契約日の翌日より30日無利息。契約日の10日後にはじめての借入をしたとすれば20日の無利息期間となる。契約から30日経過すれば始めての借入でも無利息期間は消滅する。

無利息サービスのあるフリーローン
厳選フリーローン 実質年率 借入可能額 サービス 詳細 申込
プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細 申込
プロミスレディース 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細 申込
アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 最大30日金利ゼロサービス 詳細 申込

※スマホでご覧の際は表をスライドして見ることが出来ます。

とにかく低金利なフリーローンを選ぶ

高額の借入などの返済期間がどうしても長期化してしまう場合は、

 

 

審査に時間や手間をかけても低金利なフリーローンを選んだ方が後々でしんどい思いをしなくて済みます。


となると銀行フリーローンになるのですが、審査状況・借入額によってそれぞれの最高の低金利フリーローンを選ぶようにしましょう。三井住友銀行カードローンなら低金利で審査スピードも最短30分、自動契約機(三井住友ACM)も全国に業界2位(1位プロミス)の設置台数ですので時間や手間も掛かりません。

とにかく低金利なフリーローンならこの二社
厳選フリーローン 実質年率 借入可能額 概要 金利表 詳細 申込
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5% 最高800万円 低金利な上にスピード融資 金利表 詳細 申込
MR.カードローン プレミアムコース 年1.89%〜7.99% 最高1,000万円 プレミアムコースは申込者が選べません 金利表 詳細 申込

※スマホでご覧の際は表をスライドして見ることが出来ます。

三井住友銀行カードローン
極度額 金利
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%
MR.カードローン プレミアムコース
利用限度額 プレミアムコース
基準金利
プレミアムコース
※優遇金利
スタンダードコース
基準金利
スタンダードコース
※優遇金利
10万円以上〜100万円以下年7.99%年7.39%〜7.89%年14.79%年14.19%〜14.69%
100万円超〜200万円以下年6.39%〜6.99%年5.79%〜6.89%年11.99%年11.39%〜11.89%
200万円超〜300万円以下年5.29%〜5.99%年4.69%〜5.89%年8.99%年8.39%〜8.89%
300万円超〜500万円以下年4.99%〜年4.39 %〜4.89%--
500万円超〜700万円以下年3.99%〜年3.39 %〜3.89%--
700万円超〜900万円以下年2.99%〜年2.39 %〜2.89%--
900万円超〜1,000万円以下年2.49%〜年1.89 %〜2.39%--

※所定の条件を満たす申込者の適用優遇金利になります。(2016年7月1日現在の適用金利)

専業主婦申込可能なフリーローンを選ぶ

  • 小額の借入
  • 早期返済
  • 即日融資

の用途では大手消費者金融のフリーローンがメリットが高い事は伝えましたが、

 

 

専業主婦はソノメリットの高い消費者金融に申込む事は出来ません。


総量規制の関係で収入のない専業主婦は対象業者の消費者金融では申込めないのです。ですから専業主婦がフリーローンに申込むには、総量規制対象外の銀行フリーローンに申込まなければいけません。

 

しかし、銀行も低金利で売っているだけにリスクの高い収入のない専業主婦に簡単には貸してくれません。しっかり収入のある配偶者が審査される事になります。となると、

 

 

旦那に内緒で申込めないということですよね?そこが肝心なのに・・・


そうなのです。しかし銀行フリーローンの中でも専業主婦にスポットをあてた小額借入枠のあるフリーローンがあります。この専業主婦フリーローンなら、

 

 

収入証明不要・電話連絡なしで誰にもバレずに申込める!


そんな専業主婦の為のフリーローンは以下の3件です。

専業主婦でも誰にもバレずに申込可能なフリーローン
厳選フリーローン 金利 専業主婦借入可能額 特徴 詳細 申込
みずほMy Wing 年9.0%〜14.0% 30万円 主婦ローンで最も低金利 詳細 申込
じぶん銀行カードローン 年2.4%〜17.5% 30万円 手持ちの口座に最短即日融資可能 詳細 申込
ちばぎんカードローン 年4.3%〜14.8% 30万円〜500万円 住居・職場の地域制限あり 詳細 申込

※スマホでご覧の際は表をスライドして見ることが出来ます。

低金利なフリーローン一覧

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円

金利 年利 1.89〜7.99%
限度額 最高 1,000万円
スターカードローン【東京スター銀行】

金利 年利 4.5%〜14.6%
限度額 10万〜500万円以下

金利 年利 4.3%〜14.8%
限度額 最高 30万〜500万円

フリーローン審査の達人が教えるスムーズに即日融資を受けたい場合に取るべき行動

ローン審査達人です。^^即日融資をスムーズに受けるには2通りの方法があります。

1つ目は、無人契約機を利用する方法です。

無人契約機の中で申し込みをして、審査がすぐに行われ、カード発行まで1時間もかからずに完了します。ただ、基本的には審査中に在籍確認が行われますから、勤務先にすぐに連絡がつくように、勤務先の営業時間中に無人契約機を訪れるべきです。

 

カードが手に入れば、その場ですぐに現金での融資が受けられます。必要書類の準備を忘れさえしなければ、もっとも確実に即日融資が受けられる方法です。

もう1つは、ネットを使う方法です。

その場合、ネット申し込みして審査結果を待ち、審査結果が出たら自分の銀行口座に振込によって融資してもらうことになります。こちらも普通は在籍確認が行われますから、勤務先に連絡が取れる時間帯に申し込むべきです。

 

ネットならいつ申し込んでもOKですし、朝一番に申し込んでおくのがベストです。ただ、この方法だと、無人契約機ほど短時間で審査が完了するとは限らないです。もし本当に急いで融資が受けたいならば、ネット申し込み後、業者に直接電話で連絡をとり、急ぎの融資を希望していると申し出るべきです。

 

そうすれば、業者も最優先で審査を進めてくれますし、振込による融資も迅速にやってくれます。銀行振込による融資でも構わないし、近くに無人契約機が無いというのなら、こちらの方法がよいでしょう。

 

なお、こちらの方法では書類をネット、もしくはFAXで送信することになります。その段階で手間取らないように事前に準備しておくとスムーズに即日融資が実現できます。

フリーローンの審査に通らない人はどんな人?

フリーローンの審査に通るということが重要

フリーローンの申し込みをする際に、本当にローンの審査が通るのかといったこともすごく重要になってきます。フリーローンの審査に通る人もいれば、もちろん通らない人もいるのです。

 

自分がどちらなのか、しっかりと把握しておくことも重要になってきます。ローンをしっかりと返すことができるのかというところも条件となっています。仕事をしているかということにも関係してきます。

 

「大手企業」に就職している人ほど有利になってきて、「中小企業」「自営業」「アルバイト」といった順に有利になるランクがつけられてきます。そして、無職だと収入がなく、返済の見込みがないとみなされ、審査に通る可能性もないのです。

 

「大手企業」に勤めていたとしても、雇用形態も重要になってきて、「正社員」であればより有利になり、「契約社員」「派遣社員」「アルバイト」といったランク付けにされます。しかし、パートやアルバイトだからといっても、最近ではパートやアルバイトの人でもフリーローンの申し込みができる時代になってきているのも事実です。

 

年収によって、借りられる希望額も変わってきます。消費者金融では総量規制対象業者なので、年収の1/3を超える借り入れをすることができず、年収が100万円未満の場合であれば、30万円以上を超える借り入れをすることはできないのです。

 

借りたい希望額が高すぎると、審査に通らない場合もあるのです。働いている年数が長いことも重要になってきます。長ければ長いほど、安定した収入をいただいていると言うことになるのです。

 

できれば5年以上は働いていると理想的ですが、最低でも1年は働いているとより有利になってきます。「借り入れ状況」や「返済実績」などもすごく重要になってきます。

 

何社からいくら借り入れをしているかということも重要になってきていて、複数からいろいろと借り入れをしているのをみると、印象が悪くなってしまい、審査には通らなくなってしまうということもあるのです。

専業主婦はフリーローンの審査には不利?

専業主婦の場合は自身の収入がないので貸金業法の総量規制(ノンバンクは消費者の年収の1/3以上貸し付けてはならない)に抵触するので銀行フリーローンにしか申込めません。

 

その銀行フリーローンでも収入のない専業主婦は決して歓迎されている訳ではなく、申し込める銀行フリーローンは限られてきます。

 

しかし専業主婦でも申込める銀行フリーローンはあるにはあるのです。主婦向けに小額に設定して限りなく銀行の貸し倒れリスクを最小限に抑えた銀行フリーローンがそういったものになります。